『大切なことは…子どもと生きるあなたへの手紙』母親たちへのエールの言葉

たいせつなことは…子どもと生きるあなたへの手紙

青木悦著

けやき出版

 

 

著者からの手紙形式な一冊。

 

著者から母親たちへのエールの言葉が詰まってます。

 

書かれている事例のひとつひとつが他人ごとではなく自分事。

 

共感するのは、

 

●<こども>に対して、大人が持ってしまう≪思い込み≫≪理想の押し付け≫には要注意

●これからこどもが必要なのは、自己表現と人と繋がるチカラ

…これは大人もだよね。

 

 

そうだな、と気づかされたのは、子どもとゲームの関係。

 

●習い事のスケジュールがつまったこどもたちが、ゲームにはまるのは仕方ない。

ゲームは細切れの隙間時間で

相手(友達)を必要とせず遊べるもの。

遊ぶ時間を与えられてる子は、ゲームは自然に卒業する、と。

うちの子もはまりにはまるかと思った<たまごっち>。

実はすでにほぼほったらかしで、平日は自分で電池抜くって決めてそうしてる(笑)

うちは、確かに習い事2つのみで、一つは隔週。

ある程度時間があるのかな(笑)

 

 

こちらの本は、図書館で借りて読んだんのだけど、また読みたくなりそう。

迷ったり、自信をなくすときに。 .

ほんとに≪エール≫な本。

 

 

私のベビマの講座も≪エールな時間≫でありたい。