母の声は背中へ。

マラソングランドチャンピオンシップ、ご覧になりましたか?

 

放送されていた特番では、

応援している人…家族や友人にスポットを当てながら、

42,195kmの戦いを振り返っていました。

 

 

 

駆け抜けるわが子に向けて、家族…母親の声援。

どれも名前を大声で呼んでいたのがとても印象的でした。

 

 

ただただ、わが子の名前を呼び続けエールを送る…

 

 

あぁ、これって子育ての姿なのかも、としみじみ思ってしまいました。

 

 

 

子どもが社会に出ていく…

保育園でも幼稚園でも…

小学校、中学校、高校、大学…

社会人、結婚などなど…

 

 

子どもが「子供自身の時(人生)」を過ごすとき、

親にできることは、

名前を呼んで、

エールを送る事が母の役目、親にできる精一杯なのかもしれないな、と。

 

 そして、そのエールは背中に向かって声を掛けているのかも。

 

子どもは前を向いて進んでいるのだから。

 

 

 

 

 

ベビーマッサージの時も

人生をスタートさせたわが子にエールを送っているのかもしれませんね。 

 

 

小3女子の母である私も、

毎朝、娘が見えなくなるまで見送る際には

「いってらっしゃい」の言葉とともに背中にエールを送っているのだろうな。

 

 

 

親子のスキンシップタイム、ナビゲートしています

❝絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂❞

スケジュール、お申込みはHPから

www.himekazedo.com