手の楽しい記憶もっともっと!絵本『おててだあれ?』

娘が2,3歳の頃、よく遊んでいたのが、手えほん。

 

 

両手を合わせては開いてを繰り返すことで、

手を絵本に見立てて、お話しをするのです。

 

 

あの頃、

うちの子は、

『3枚のお札』が好きで、

手えほんで『3まいのおふだ』のお話しをしたり、

適当な(?)創作ストーリーを展開したり。

これをよくやったのが、電車の中。

 

電話でお出かけした帰り車内では、

私のお膝の上で手えほんを開き、

少しすると…、うとうとうと…と。

 

 

こんなことがちょいちょいありました☆

 

 

これから、手をつなぐ機会もどんどん減るのだろうと思うので、

本当に大切な思い出になってます^^

 

 

みんな、「手」の記憶、どんなものがありますか?

紡いでますか?

 

 

こんな話をするのは、
先日、かわいい絵本と出会っちゃったからかもしれません☆

 


そう、今日はこちらをご紹介♪

『おてて だあれ?』

 

一言で言ったら、手遊びの本…かもしれないです。

 

手遊び…というよりは、

絵本をめくって、手をおもちゃにしちゃおう!ってかんじかな☆

~だいすけお兄さんもおすすめ!~

 

赤ちゃんの小さな手とママの手で遊んでもよし!

 

2.3歳のかわいいおててを見守るもよし!

~裏表紙もかわいい~

 

きっときっと、親子の会話に花が咲くね^^

昨日、児童館で0歳児親子さんたちと読んでみたら、

ママが途中から

「え!」と驚く展開もあって盛り上がりました^^

 

 

今月はクラスや講座の際には持ち歩きますので、

ご参加予定の方はお楽しみに☆

 

気になった方は、ぜひぜひ足をお運び下さい☆

 

9月の募集中のクラスは、9/19@瀬谷公会堂クラス!

残席僅か!

ぜひ☆


親子のスキンシップタイム、ナビゲートしています

❝絵本とおうたのベビーマッサージ ひめ風堂❞